半夏生

今日は、気候の節目のひとつである

半夏生(はんげしょう)に入ります。

 

梅雨の終わりころの時期を指し、農家

では田植えを終わらせる目安とされて

いたそうです。

 

おとなしく身体を休めることが推奨され

たり、関西の方では、吸盤のあるタコの

足のように、苗が大地にしっかり根付く

よう、タコを食べる風習があるそうです。

 

タコは薬膳では血や気を補うことのでき

る食材です。

 

栄養学の観点からも、高タンパク低カロ

リー、タウリンや亜鉛、ナイアシンなど

の栄養素も豊富に含み、肝臓や目の健康

維持、代謝のサポートなどが期待できる

食材です。

 

田植えで疲れた農家の方々の、身体を

癒す意味合いでも食べられていたので

しょうね。

 

今日の東京も30℃超えです。

真夏に向けて、体力維持のために

タコを召し上がってみてはいかがで

しょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ