頭痛について

首や肩のこりと同時に、よく頭痛が

起こるという方も多いのではないで

しょうか。

頭蓋骨は顔面部以外も筋肉で包まれており、

個人差はありますが動かすこともできます。

(ものまねタレントさんは鍛えられていま

すね!)

筋肉があるということは”こる”ことも

あるということです。

首や肩の筋肉と頭部の筋肉は、筋膜という

組織で連結していたり、協調して首の

動きに関与していたりするので、肩こりを

感じるのであれば、同時に頭皮まで緊張

している可能性が高いです。

スマートホンやパソコンを見ている時間が

長い方は、どうぞ姿勢を注意してください。

筋肉の血行不良(こり)からくる、締め

つけられるような頭痛を、筋筋膜性頭痛

といいます。

自律神経の不調からくるものを片頭痛と

呼び区別していますが、臨床的には両方の

所見が同時にみられる患者様が多いです。

片頭痛の特徴は、ズキンズキンと脈打つ

ような痛みで、頭痛が起こる前に目が

チカチカしたり(閃輝暗点)、匂いに敏感

になったり、チョコレートなど特定の食品

を食べることで誘発されたりすることなど

です。

片頭痛は頭の片側だけでなく、両側に出る

こともあります。

様々なきっかけで血管が拡張し、神経を

刺激することで痛みとなるようです。

”血行不良”と”血管が拡張”では真逆に

思われるかもしれません。

しかし片頭痛のかたの首肩や頭皮を触ると

ガチガチに硬いことが多いのです。

普段収縮気味である血管が、なにかの

きっかけで急に開いたときに片頭痛が

起こっているのではないかと考えられます。

週末の休日になるといつも頭痛がすると

いう訴えをよく伺います。

緊張から解放され、リラックスして血管が

開いたとたんに頭痛では、休日が台無し

ですよね。

もしこういった症状がありましたら、

普段からリラックスできる要素を生活に

増やす必要があるかもしれません。

難しいときは自律神経を整える治療を

ぜひ受けてみてください。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now