百会の効能

ツボの効能シリーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百会(ひゃくえ)は、奇経八脈のひとつ

である“督脈”に属するツボです。

 

両方の耳を前に折り、上の角どうしを

つないだ線の中央にあります。

 

僅かにへこんでいたり、押すとじんわり

と響くような感覚があることが多いです。

 

効能としては、

①身体の上部に昇りすぎた気を降ろして

 ストレスやイライラを鎮める

②精神を安定させ、不安感や不眠などを

 改善させる

③内臓や組織の下垂を治療する

などがあります。

 

内臓や組織の下垂とは、胃下垂や痔、

まぶたが下がる、お顔の皮膚やおしりの

肉が垂れるなどの「下にさがる」症状

全般のことです。

 

百会穴には、下にさがっている組織を

持ち上げる作用があるとされているの

です。

 

昨今、ストレスが皆無の方は少ないで

しょうし、精神的に不調をきたす方、

睡眠障害を訴える方も多いです。

 

また、ほうれい線の下がりを気にして

美容鍼灸を希望される方が増えています。

 

そのため百会穴は、鍼灸院では重宝され

て、よく使われています。

 

頭痛や自律神経失調症に使うこともあり

ます。

 

米粒大のモグサを肌にじかにおいて燃や

し尽くす、“透熱灸”というお灸のすえ方

がありますが、ひどい頭痛や自律神経の

乱れに対して、百会に施すと効果的だっ

たりします。

 

熱さを感じないときは、感じるように

なるまで何回もすえます。

軽く火傷しますが、なぜかあまり痛まな

いです。

つらい症状に藁をも縋りたい気分のとき

はご相談ください。

 

ご家庭では、百会穴の部分だけでなく、

頭皮全体のマッサージをしてみてくだ

さい。

 

両てのひらを頭皮にぴったりと密着させ

て、そのまま動かしてみましょう。

 

頭の左右だけでなく、前後や上下などに

も手を置いて動かすと、頭皮が緊張して

いて動きづらい部位がわかると思います。

 

首をまっすぐにした状態で、頭皮の動き

が悪い部位が緩むまで動かすと、頭が

スッキリして軽くなったり、気分が明る

くなったりすると思いますよ。

 

お試しになってみてください。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ