不妊症と鍼灸

お子さんをなかなか授からず、

お悩みのご夫婦が増えています。

日本人夫婦5~6組中1組が不妊とも

いわれているのです。

 

婦人科などで検査を受けても、原因が

特定できないことが多いです。

晩婚化が進んでいるので、ご夫婦とも

35歳を過ぎると、すぐに高度生殖医療を

勧められることもあるようです。

 

鍼灸治療は高度生殖医療との併用が可能です。

私も女性鍼灸師として10年前から不妊症治療に

携わってきましたが、体外受精などの成功率を

高める効果は確かにあると思います。

 

治療の前に申し上げておきたいのは、

まず医療機関でご夫婦ともに検査を受けて

いただきたいということです。

不妊の原因はご主人の側にある場合も多いです。

奥様ばかり責任を感じて鍼灸を受けに

いらっしゃってもなかなか授からない場合が

あります。

 

あとは生活習慣の見直しをぜひなさってください。

デスクワークの方には、骨盤内臓の血行を良くする

ために運動をお勧めいたします。

エネルギーの高い旬の食材を召し上がっていただき、

睡眠不足を避け、不妊治療にのめり込まないよう、

適度にストレス解消もしてください。

タバコや体を冷やす行為は厳禁です。

 

仕事が激務の方や、セルフケアを頑張っているのに

なかなか授からない方には、治療の出番です。

採卵がうまくいかない、受精卵の分割がうまくいかない、

着床がうまくいかない、などの方は高度生殖医療の

前に、すこし鍼灸治療で体調を整えませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索