寝違えについて②

前回、寝違えの病態についてはいろいろな

見解があることを簡単にご紹介しました。

 

よって治療も、施術者が炎症が原因であると

考えるならば患部を冷やすでしょうし、血行

不良が原因であると考えれば温めるかも

しれませんし、経絡の通りが悪くなっている

と考えれば鍼を勧めるというように、治療院

ごと、施術者ごとに方針がまちまちだったり

するようです。

 

わたしが治療する場合には、マッサージと

背骨を整える施術と鍼を併用することが多い

です。

 

特に鍼は経絡(特に陽経)を使った遠隔治療

が効果を発揮することが多いです。

肘から手にかけての部分や膝から足にかけて

の部分には、全身に効果を及ぼす重要なツボ

が並んでいるのですが、首の痛いスジと経絡

で繋がっている末梢のツボに鍼を刺すと、

瞬時に痛みが取れて首を動かせるようになる

ケースがよくあります。

 

また、鍼を刺したまま首を動かしていただく

運動鍼という方法もあります。

頻繁に首を寝違えるという方は、根本的な

問題解決として骨格の調整や姿勢の改善が

必要かもしれませんね。

 

いつも湿布を貼ってやり過ごしているという

方は、ぜひご相談ください。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ