東洋医学と人体②

とにかく、顕微鏡もレントゲンもない

時代に完成した医学です。

2~3千年前の中国の人々は、病の人を

前に観察を繰り返し、

「これってどういうこと!?」

と喧々諤々、膨大なデータを集積し

分析していくなかで、さまざまな

概念を生み出していったのでしょう。

現在の鍼灸治療で使われているツボや

経絡は、そういった古代の思想や経験に

基づいて構築されています。

鍼灸師は現代医学の知識を持つと同時に

治療の際には、すこし頭を切り替えて

概念の世界にダイブする瞬間があるの

ではないでしょうか。

必要に応じて脈や舌を診せていただいたり、

症状とあまり関係ないと思われるような

ことをお聴きしたりするかもしれません。

それはあなたの体を東洋医学的に分析する

ツールです。

どうぞご安心ください。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now