湿邪の害

 

梅雨明けの予報が全く出ませんね。

東京は記録的な日照不足の日々が続いて

います。

 

気温は低く推移していたのですが、昨日

からは蒸し暑さも加わり、体調を崩して

いる方が本当に増えてきています。

 

身体の重だるさ、食欲不振、軟便、むく

み、めまいやふらつき、頭重感、関節の

動きの悪さ、口臭や体臭が強くなるなど

の症状には、湿邪(湿気の害)の影響が

考えられます。

 

私はもともと蒸し暑さに弱い体質なので

すが、養生をしてここまで体調を崩さず

に梅雨の時期を過ごしてきました。

 

それが今日、用事で外出したときに雨に

降られてしまいました。

大荷物を抱えていたので、傘を持たずに

出たのが悔やまれます。

 

治療院に戻ったあと、すぐに服を替えて

身体を拭いたのですが、どうにも身体が

重だるいのです。

これは湿邪だと思い、久しぶりにセルフ

治療を開始しました。

 

ツボの反応を見て、足の陽明胃経の経穴

である足三里、豊隆、内庭、足の太陰脾

経の経穴である陰陵泉を使いました。

 

鍼を刺したまま少し置いておくと、じん

わりと響き、胃腸がグルグルと動いてき

ました。

 

治療のあと柔らかい便が出て、身体の

異様な重だるさは無くなりました。

 

湿邪を退治するには、脾胃(胃腸)の

具合を整えて、身体に滞った水を体外に

排出するように促すのが常套手段です。

 

夕食に身体の水はけを良くする豆類など

を摂って、万全を期そうと思います。

 

近々台風も接近するそうです。

皆さまも、どうかお大事になさってくだ

さい。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ