スポーツと月経

女性アスリートにとって、もしかすると

月経はやっかいなものかもしれません。

 

重要な試合に月経が重なると、出血が

気になったり、貧血や生理痛、精神的な

ゆらぎなどが、パフォーマンスに影響す

るかもしれないからです。

 

そのためか、厳しいトレーニングや体重

制限のために、月経周期が乱れたり、月

経が来なくなってしまう女性アスリート

がかなり多かったにも関わらず、最近ま

で、あまり問題視されてこなかったよう

です。

 

性ホルモンは、脂溶性のステロイドホル

モンの一種で、体脂肪が少なすぎると、

卵胞ホルモンへの転換ができず、月経が

止まってしまいます。

 

また、卵胞ホルモンが減少すると、閉経

後の女性の骨粗鬆症と同様に、若くとも

骨がもろくなり、疲労骨折を起こしやす

くなってしまいます。

 

無月経の女性アスリートは、疲労骨折の

リスクが高くなっているのです。

 

”アスリートは生理がなくて当然”と

いうスポーツ指導者側の認識も徐々に

変化しつつあるようです。

 

10代の頃から、無月経に対する問題意識

を喚起することで、スポーツ障害や、

将来の子宮の萎縮、不妊症などを予防

していこうという試みも始まっています。

 

スポーツをされている女性の方は、

無月経や希発月経を当然と思わずに、

顧問の先生や婦人科の医師に相談をして

くださいね。

 

鍼灸では、ホルモン療法ほど、月経周期

を厳密に管理することはできないので、

月経を試合の日からずらすというような

ことはできません。

 

シーズンオフなどに、早期に月経の回復

を促す効果はあると思います。

お悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索